シリコンバッグによる豊胸手術を失敗しないために

きれいに治すため通院もした

コンプレックス解消のためシリコン豊胸を実施きれいに治すため通院もした傷口もほとんど消えて、受けて良かった

また、シリコンバッグを入れる場所も、筋肉の下に入れる方法と乳腺の下に入れる方法とがあり、乳腺が小さくて元々バストにボリュームのない私のようなタイプの人は、大胸筋の下にシリコンバッグを挿入する方法が向いているようです。
筋肉は、皮膚から深い位置にあるので、触った時に、シリコンバッグの感触がわかりにくいというメリットがあります。
一方、乳腺の下に挿入する方法は、バストの皮膚に余裕があって、ある程度バストに膨らみがある人に向いた方法です。
クリニックによっては、どちらかの方法しかやらないというところもあるようなので、カウンセリング時には、必ず手術を担当する医師の診察を受け、どちらの方法で手術を行うのかを確認しておくことがだいじです。
手術の方法は、バッグをバストに入れ、その後にドレーンと呼ばれる管を使って血液やリンパ液などを排出させていきます。
クリニックによっては、ドレーンを使わないところもあるようですが、よりよい結果を得るためには、ドレーンを使った方がいいのではないかと思っています。
ドレーンを入れたあとは、傷口を縫合して、1週間後に抜糸をしました。
クリニックによっては、溶ける糸を使い、術後の通院をしなくてもいいというメリットがありますが、傷口はきちんと縫い合わせて抜糸をした方がきれいに治るということなので、私はきれいに治すためにきちんと通院しました。